春の遺伝子

転職活動をしていました、この2、3か月。


全くのキャリアチェンジだったので、苦労しなかった訳ではないけど、在職中にしてはスムーズに進んだかな。という印象。


転職エージェントを利用したのだけど、本当にすごい。彼ら。

まず知識が幅広い。その職を志望している私より余程その業界に詳しくて、その他社会保険とかそういう世の中のルールとか。

私があまりに世間知らずだったのは否めないけど、とにかくたくさん助けられました。ほぼおんぶに抱っこ。

あとはすごい電話の猛攻。こちらは仕事中で全然出られないんだけど、掛けて来る来る。いやでも、あれくらいされないとやらない人間には有難いかもしれないなと思ったり。


とにかく、今は残りわずかの現職を楽しむでもなく惜しむでもなく、消化試合のような日々です。

未練が一切湧いてこない。不思議なくらい湧いてこない。温泉街なら廃業だわ。


次の会社の始まりは未定なので、プランを練らなきゃと思いつつ忙しさにかまけて先延ばしに…

あんなに待ち焦がれた長期休暇なのに、目前に迫ると決めなきゃ、という脅迫観念に変わって、楽しめなくなるという。なんなんだ、幸せになれない遺伝子でも組み替えられてるのか。


こうやってなんだかいろんなものに追われて、ストレスでお腹にガスが溜まり、毎日苦しい思いをしながら、恋がしたいと願っている。

不埒だなあ、でもなんだか、いろんなものから目を逸らしたくなって。

苦しいことも楽しいことも、全部置いて、全く新しい恋がしたい。


幸福の国、ブータンにでも行って、新たな人生見つけてみようかな。

でもブータンの男って当たり前のように浮気するんだって。無理だわあ。