私の穴

お題「1か月自由に休みが取れたら何をする?」


→漫画読む。市役所行く。歯医者行く。免許の更新する。映画見る。韓流ドラマみる。たまに飲みに行く。二日酔いではとバスツアー行く。(実績)


この1ヶ月、自由気ままな無職生活を送っている。

正確には、有給消化中のため、お給料は出ているという高等遊民さながらの生活です。


友人に「金がある無職って最強だな!」と言われたけれど、本当にその通りで、もはや何をしていいか分からないというあるあるな贅沢を享受している。


本当は旅行に行きたかった、でも行きたかった地域が渡航延期勧告の対象になってしまった、じゃあ代わりにどこかへ行こうか、悩んでいるうちにポツポツ予定が入ってしまった、このスケジュールを縫ってどこに行けるだろうか…という負のスパイラルに飲み込まれ1ヶ月。


人のためにも自分のためにもならない毎日。こんなことならゴミ拾いでもして徳を積んでおけば良かった。


新しい職場は5月の連休明けから働くことになったので、1ヶ月どころか2ヶ月の猶予がある。

ああ、このくらいのスパンで生きていきたい。3年くらい働く毎に、1、2ヶ月のお休み。


来月は短期留学に行くので、そのための学校の手続きとか家探しとかをしていたのもあるけれど、それにしたって無駄にしすぎた。

4〜5時間の睡眠で12時間くらい働いていた生活から一転、毎日8〜10時間と十分すぎるほど眠り、結果体温が上がって健康体。

まあね、不健康な習慣をリセットして、体を整える期間だったと思えばね。


そうそう、歯医者に行ったと書いたけど、本当に10年ぶりくらいの歯医者。

特段、どこが悪いとかいうのではなく、定期的にメンテナンスというか、クリーニングに行くという習慣を身につけたかったのでその足がかりとして。

初体験となる歯石取りをお願いして、ちょっとドキドキしながら診察台に乗り、いざ口を開けると。


「あー、穴が空いてますね、何個か」


「…穴」


穴ってね、動物に仕掛ける罠とか、性的な意味とか、色々あると思うけど、歯医者で言うところの穴って、それ即ち虫歯。


ひとまず初めての歯石取りをしてもらって若干痛い思いをしつつ、休む間も無く、虫歯も治療しちゃいましょうか?と先生。


「今日やっちゃった方がいいね、神経まで行く前に」

「な、ナニヲ、シマスカ?」


思わずカタコト。

結局、何個かあるらしい穴の1つ、1番マズそうなのを削って、樹脂入れてっていうのをやられる。否、やって頂く。

虫歯の治療自体はそんな痛くなかったけど、怖かった。帰り道、意味もなくドラッグストアをうろついてしまうほど茫然自失。

しかしあれだね、歯医者における「痛かったら手上げて下さいねー」の無効っぷりは本当に歯医者あるあるなのだね。


これでまた、歯医者から遠のいてしまった。

でも、まだ何個かあるみたいだし、穴。


注射も、婦人科で股をおっ広げるのも、結構行ける方だったので、こんなタイミングで新しい弱点が発覚するなんてね。